店舗デザインは店で何を売るかで異なる

使う照明によって印象はかなり変わってきます

店舗のデザイン使う照明によって印象はかなり変わってきます他の店舗がどのような工夫をしているのか

似たようなデザインでも、使う照明によって印象はかなり変わってきます。
食品を扱っているなら、例えば暖色系のライトが好まれることが多いです。
暖色系のライトなら、暖かく美味しそうな雰囲気を演出出来るからです。
薬局などでは、清潔感を前面に出すため暖色系のライトを使うことはあまりありません。
壁紙もライトと同じように、部屋全体の雰囲気を変えてしまうので注意してください。
明るい光で照らしても、白い壁と黒い壁では雰囲気が全く異なります。
オーナーの好みで選ぶということも珍しくありませんが、まずは商品がよく見えそうな壁紙を選ぶことが大切です。
路面店とショッピングモールなどに入っている店では、店舗デザインの仕方が大きく異なります。
路面店でも、道路に面した側が全て解放されているタイプと窓やドアで囲まれているタイプがあります。
解放されているなら、デザインを考えるときに商品をどのように陳列するのかを第一に考えてください。
さらに、人通りの多い場所なら万引きや盗難に合わないよう店内から外側がよく見えるようにしておくことが大切です。