店舗デザインは店で何を売るかで異なる

他の店舗がどのような工夫をしているのか

店舗のデザイン使う照明によって印象はかなり変わってきます他の店舗がどのような工夫をしているのか

窓やドアがあるときは、店内を見せるか店ないかをまず決めていきます。
明るく大きな窓から店内が見えると、一目で何の店かわかり客も入って来やすいです。
店内を見せたくないときは、外側に看板をちゃんと掲げるようにしてください。
外壁は、中と同じように何を販売しているか連想しやすくすることがポイントです。
ショッピングモールやデパートでは、スペースがかなり限られてくるので注意が必要です。
壁紙を変えたりすることが不可能という場合もあるので、テナントを借りる際には確認しておいてください。
ライトの数についても、決められた範囲内で使っていく必要があります。
テナントを利用するときは、借りる前にある程度どのように使うのか考えておくことが大切です。
ある程度ポイントを押さえたら、実際に店舗デザインをしていきます。
迷ったときは、街中で自分が開こうとしている店と同じジャンルのところを探してください。
ライトや壁紙だけでなく、それが使いやすく客が入りやすいかという目線で確認することも大切です。
心配なときは、実際に偵察を兼ねて買い物をしてみるというのも一つの手です。
偵察をするときは、路面店とショッピングモールなどいろいろなタイプを見ておくことをお勧めします。
デザインが決まったら、すぐに工事をするのではなくシミュレーションしてみることも大切です。
イラストにして、実際にどんな雰囲気になるのかよく確認してください。
工務店等に依頼する際は、出来上がり予想のイラスト作成を頼んでみることをお勧めします。
他の店舗がどのような工夫をしているのか、コメントをもらいながらデザインを決めていくこともお勧めです。